ざくろジュース効能と選び方

健康によいといわれるザクロジュース。そんなざくろジュースの効能と、ざくろジュースを購入する時のポイントを紹介します。

ざくろジュースの効能

ざくろジュースは毎日飲むことで体内のさまざまな機能を正常化してくれる効能も期待できます。

1日コップ1杯のザクロジュースを飲み続ければ健康にも美容にもいいので、ざくろジュースの購入を検討されている人は試してみてはどうでしょうか?

ざくろジュースの選び方

ざくろジュースを選ぶときのポイントは「種子まで含んでいるのか」という点です。ざくろの栄養成分であるエストロゲンは、この種子に含まれています。

ザクロの実ばかりを絞ってジュースにしてもそれは「ざくろ味ジュース」であって、ざくろジュースの効能は期待できません。

あと気を付けたいのは、市販のざくろジュースのほとんどは水で薄められている可能性が高いということです。水が含まれるということは防腐剤も入っているということを意味します。健康どころか、体の害になる物を飲む事になってしまうので注意しましょう。

「濃縮還元」の100%ざくろジュースも同じです。還元ジュースは一旦果汁を濃縮したものを、同じ倍率の水で薄めて「100%果汁」とされます。できれば「○倍濃縮」といったものを選ぶようにしましょう。濃縮ジュースなら防腐剤の心配もなく健康的です。

濃縮ざくろジュースの購入

いろいろなざくろジュースが販売されているので、どこで買おうか悩むところです。 楽天のネット通販などでもざくろジュースはたくさん販売されていますが、その中で「○倍濃縮」という製品のみを ピックアップしてみました。

果汁濃縮ざくろジュースの一覧はこちら⇒準備中

 

[blogcard url=”http://cc-zo.com/101″]

 

[blogcard url=”http://cc-zo.com/107″]

ざくろジュースの糖度で製品の品質を判断できる

ざくろジュースの糖度と濃縮倍率の関係

糖度とは字のとおり糖質の度合いを表す数値であり、ざくろジュースの品質を判断する1つの基準になります。。この糖度というのはあらかじめ果物ごとに決まっていて、ざくろジュースで効能を期待されるイラン産ざくろでは、糖度は15度です。

では、なぜこの糖度がざくろジュースの品質判断材料になるのでしょうか?それは糖度と濃縮倍率にはある法則が存在するためです。

ざくろジュースの濃縮倍率

「○倍濃縮」といったざくろの濃縮ジュースが市場にはたくさんありますが、この○倍濃縮というのは単純にその倍率だけ果汁を濃くしたものです。

5倍濃縮なら搾った果汁を5倍に、10倍濃縮なら10倍に濃くしたことを意味します。当然、果汁に含まれる糖度も同じだけの倍率で濃くなりますが、糖度というのは100度を越えることはありません。 つまり「10倍濃縮ざくろジュース」なら、元の糖度が10度以下のざくろを使用していないといけません。

例えばイラン産ざくろの場合、元の糖度が15度ありので100÷15=6.66倍までが濃縮倍率となります。 しかし現在市販されている商品の中には、イラン産濃縮ざくろジュースでありながら10倍濃縮と表記されているものもあります。

これだと15度x10倍=糖度150度ということになり、最高糖度である精製砂糖の糖度100度よりも甘い自然果汁という矛盾した状態になってしまいます。果汁やジュースに対する糖分量比なので、液体100%に対して糖分150%では固形に近くなってしまいます。

糖度がざくろジュースの品質判断材料になるというのは、こういった理由からです。濃縮倍率が表記どおりでないこともありえるので、購入時には気をつけたいですね。

 

[blogcard url=”http://cc-zo.com/101″]

 

[blogcard url=”http://cc-zo.com/104″]

ざくろの効能

ざくろ優れた効能

ざくろは体によい成分を多く含んだ健康果実。でも、ざくろについて正しい知識がないと良さも活かすことはできませんよね。 そんなざくろについて紹介したいと思います。

ザクロといえばエストロゲン

ざくろの効能にはいくつもの優れた点があります。ざくろには植物性天然エストロゲンという成分が含まれており、その成分が女性ホルモンと似ていてホルモンの働きを活発にして女性の機能を正常化する効果を持ちます。

それにより美容効果や不妊改善、成人病や更年期障害の予防などを期待できるとして注目されています。

ホルモンバランス改善の効果

古来よりさくろは不妊改善に大きな効果を発揮するとされており、子宝に効き目のある果実とされてきました。 それはエストロゲンがホルモンの働きを活発にすることで卵巣の機能を正常にするためです。

またエストロゲンを摂ることで、更年期障害や成人病予防にも効き目があります。 更年期障害とはエストロゲンの減少が原因で起こるさまざまな症状のことですが、実は女性の卵巣はエストロゲンを分泌しているのです。

しかし年齢とともに卵巣機能が低下していき、やがて卵巣機能は停止します。ザクロに含まれるエストロゲンで卵巣機能をフォローしてあげれば、更年期障害の予防に役立てることが出来るのです。

ざくろはの効能は美容にもあり

ざくろに含まれるエストロゲンの効果は美容にも大いに関係があります。肌や髪の毛を作るコラーゲンは、エストロゲンの力を借りて作られるのです。そのためエストロゲンが減少すれば肌はカサカサになり潤いをなくし、髪もパサついてまとまりがなくなってしまいます。

しかし、ざくろを食べてエストロゲンを多く摂れば、体内で作られるコラーゲンの働きを助け若々しい肌や髪を 保つことができます。こういった美容の観点からも、ざくろは古来より貴族の間でもてはやされてきたのです。

コラーゲンを体内で生成するためには他にもタンパク質や必須アミノ酸が重要になってきます。肉類や魚介類からはタンパク質が、レモンや柚子からは必須アミノ酸を摂ることができます。

これらの物も食べつつ、いつまでも肌と髪をキレイなままに保ちたいですね!

[blogcard url=”http://cc-zo.com/104″]

 

[blogcard url=”http://cc-zo.com/107″]