血糖値対策やダイエットに効果的な低GIについてのサイト

低GIで健康生活

知っておきたい低GIの話

低GIダイエットとリバウンド

投稿日:

低GIダイエットの嬉しいところはリバウンドがないところ。

何しろダイエットとリバウンドは切っても切れない腐れ縁のような関係です。せっかく痩せたと思ってもちょっと気を抜くともとに戻ったり、場合によっては戻るのを通り越して太ってしまうことも日常茶飯事。

しかし低GIダイエットならリバウンドを回避することが出来ます。その方法を知るためにもまず、リバウンドについて理解しましょう。

リバウンドの原因

リバウンドが起きる原因は生体恒常性や負のフィードバック、満腹中枢の誤認などいろいろな要素が挙げられます。しかしひとつ言えるのは、続けていればリバウンドはしないということです。

「そんなの分かってるよ!」という声が聞こえてきそうですが、実際は続けられない人が多いのが現実です。一体なぜでしょう?それは「続けるのが苦痛になる」からです。

  • 効果がない、もしくは感じられなくなった・・・停滞期
  • ダイエット自体が苦痛を伴う・・・ダイエット方法の選択ミス

ダイエット効果が止まる停滞期

ダイエットで摂取エネルギーが減ると、体は消費エネルギーを減らすことでつじつまを合わせようと調整します。

最初のうちはダイエットに対して調整が追いつきませんが、しばらく経つとようやく調整が済んで代謝や栄養吸収のシステムも安定してきます。

すると少ない食事でも痩せなくなってきます。これが停滞期です。

ここでダイエット効果が無くなった、これ以上は痩せられないと思ってやめてしまう人がたくさんいます。こういった場合、現状維持を心がけて食生活などはそのままにしておくのが理想です。

しかしダイエットをやめた人に多い行動が、食事を以前の状態に戻してしまうことです。そうなれば摂取エネルギーが多すぎて体が元に戻るのですが、ここでさらに問題発生です。身体に現れるのも調整後なのです。

しかもその間「食べても太らない体質になったみたい!やったー」と好き勝手に食べてしまうと恐ろしいことに。

そして、リバウンドが起こります。

 

diet03

 

実際はもっと複雑な仕組みなんですが、伝えたかったのは停滞期を乗り切ることの重要性です。体重計の数字に一喜一憂していてはいけません。

数字のためにダイエットしているのか、見た目や中身を改善するためにダイエットしているのか?よく考えてみましょう。

「苦痛なダイエット」を選択した時点で失敗している

何度も同じことをいうようですがダイエットを続けていればリバウンドはしません。

その点でも低GIダイエットは優れています。続けることに抵抗を感じにくいというだけではなく、低GIダイエットを続けているうちに血糖値の上がらない食べ方や食品のGI値を勝手に覚えていくからです。

これがハードな運動やトレーニングなど、場所や時間を必要とするものだとそうはいきません。まず気持ちにスイッチを入れる必要があります。肉体的負荷を強くかける必要もあります。

しかし低GIダイエットは食事なのでスイッチは必要ありません。簡単に1品だけ替えたり、人によっては甘いものも少しだけ控えたりと、その人に合うやり方で無理のない低GI食を摂ればいいのです。

食べる順番も意識してやっていたのが、いつの間にか当たり前に、自然に出来てしまうようになります。同じ食べるダイエットでも、カロリー制限だけに集中すると制約だらけになり強いストレスを感じます。

低GIダイエットのように無理せず続けられること、それが一番大事なことです。

ダイエットにゴールはあるのか?それともない?

続ければリバウンドしないといっても、ゴールのないダイエットを人は受け入れられるかどうかという問題があります。

これは考え方の問題であって、そもそもダイエットでも健康目的でも、目指すところは正常な体(この場合は健康面もスタイルも含む)のはず。

体調や体型が満足できる状態になったら、今度はそれを維持することになります。せっかく健康な体、目指していたスタイルになれたのに元の体に戻りたいと思う人はいないでしょう。

ダイエットにゴールを設けること自体ナンセンス

「○○日間で○キロやせる!」みたいなうたい文句をよく見ます。真偽はともかく、急いでやせたい人もいるという事でしょうね、夏前などはとくに。

リバウンドの危険がないなら短期的なゴールの設定やその挑戦もいいと思います。しかしもっとも大事なのは維持すること、続けることだということをお忘れなく。

まとめ

リバウンドは人間の身体の順応性、適応能力が仇になったものといえます。

しかしそれは肉体的な事象であって、リバウンドを招く原因は結局のところハード側、つまり実践する人間の考え方や方法の問題なのです。

大切なのは、停滞期(効果がみられない時期)に続けても苦痛じゃないかどうか

ダイエットはそこが重要なポイントです。リバウンドを気にせず日常生活でも制限が少ない、低GIダイエットの魅力はそこに集約されているといえるでしょう。

 

diet02

 

-知っておきたい低GIの話
-

Copyright© 低GIで健康生活 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.