血糖値対策やダイエットに効果的な低GIについてのサイト

低GIで健康生活

低GIの食べ物

低GI麺ソイドルは超低糖質なダイエット食品

投稿日:2016年10月22日 更新日:

ダイエット中、糖質が気になってしまうと食べたくても悩んでしまうのが麺類。ラーメンにスパゲティ、ソバなどは一人前で糖質量50g近くもあり、GI値も決して低い方ではありません。

そういった状況でも安心して食べることができる「ソイドル」は、糖質90%オフで食後血糖値を抑えてくれる低GIの麺です。しかし味や食感がどの程度かというのも気になりますね。こればかりは食べてみなければ分からないということで、ソイドルを買ってみました。

注文後すぐ届くレスポンスの良さ

あっという間に届きました。配送はヤマト運輸さんの冷凍便でした。箱の中身はソイドルお試し用の7食分と注文確認書兼納品書、「ごちそうレシピ」という小冊子でした。(小冊子については後ほどご紹介します。)

特に問題も注意点もありません。さっそく中身の確認に移ります。

ダイエットに最適な低GI麺ソイドルの糖質は0.9g、カロリーも89kcal!

ソイドルは低GIダイエットや糖質制限に限らず、どんなダイエットをしていても食べて安心な100%大豆麺。通常の麺一食分と比較して、圧倒的に糖質量が少ないのが特徴です。

たとえば「マルちゃん正麺しょうゆ味」の場合、一食分(105g)中の炭水化物は65.7gなので糖質は63g程度でしょう。ほかにも焼きそばの生麺が糖質約30g、蕎麦は70gほどとメーカーや製法、インスタントかカップ麺かによっても変わってきますが、一つ言えることはどれも糖質量が多いということです。

しかしソイドルだと1食分(110g)の糖質はわずか0.9g!

これほど食後血糖値を抑えるのに適した麺食品はそうそうありません。低GIなのはもちろん、糖質制限中の人も食べられるダイエッターの心強い味方、それがソイドルです。

低GI麺ソイドルを食べてみた感想

ソイドルは素材が大豆麺なうえに麺が細いため、やり方によっては団子状になりやすい感じです。調理した焼きそばやラーメンの生麺みたいなツルっとした感じはなく、インスタントヤキソバやインスタントラーメン特有の「フニャフニャしつつも美味しい感じ」とも違います。

印象としてはやや「サバサバ」しています。性格じゃなくて食感がサバサバというのは表現がおかしいのは十分承知ですが、他に適切な言い方が思いつきません。それぐらいサバサバした感じということです。

ソイドルはソース焼きソバが美味しいという噂なので作ってみました

いろいろなサイトやブログで「ソース焼きソバが美味しい」という記事を見るので試しに作ってみました。作り方は普通の焼きソバ同様、豚肉と野菜を炒めてからソバを入れてソースを絡ませて作るというごく一般的なものです。出来上がったソイドル焼きソバに青のりをふりかけ完成です。

GI値、糖質の低さは保証付きですが、それより問題は味です。あまりに不味いようでは、いくら血糖値を抑えられても食べることがストレスになっては意味がありません。

そうこうして出来上がったのがこちらの焼きソバです。

調理の腕前が悪いのか、まったく美味しそうに見えなくてすみません。

なんというか、ソースがソバに絡みにくく難しく感じました。(上手な人ならきっと美味しく作れたと思うのですが。)

あと気になったのが、ソースの相性?みたいなものです。最初はセブンイレブンで買ったトンカツ用ソース(製造元カゴメ)を使ったのですが、ソースがシャーシャーすぎてソイドルの調理に合っていなかった気がします。

やはり焼きソバやお好み焼きには、定番の「オタフクソース」が必要なのかもしれません。

オタフクソースを買ってきて再チャレンジ

というわけで後日、実際にオタフクソースを買ってきて再チャレンジしました。豚肉を切らしていて仕方なくキャベツと麺のみという調理でしたが、ソースをオタフクにしたことで随分と味が変わりました。

これなら美味しい!と思えました。見た目は相変わらずでしたが、こちらの方が断然良かったです!

なんというか、ソースの絡みにくいソイドルでも味付けをある程度強行できてしまう・・・そんな濃厚さがオタフクにはあります。ソイドルで焼きそばを作るならオタフクソースは必須アイテムです。ぜひ一家に一本、オタフクソースを常備しておきましょう。

ちょっとした付属品「ごちそうレシピ」が親切なソイドル

今回注文したソイドルの1週間お試しセットの中身には、ソイドル7食分と「ごちそうレシピ」なる物が同梱されていました。

このレシピが中々の優れ物で、ソバやスパゲティ、パンケーキ風といったそれぞれのレシピに加え、糖質量やカロリーまで記載されている親切ぶりです。せっかく低GIの麺にしたのだから、正確な糖質量やカロリーを数字で把握できるのは嬉しいです。

レシピは全部で21品目あり、テーマごとに「おすすめの一品」「カロリー200kcal以下」「鍋メニュー」などに分けられていてとても便利。

この手の麺類は自分でレシピを考える楽しさというのも確かにありますが、それでもメーカーおすすめのレシピが付録として付いてくるのは助かります。消費者のほうをしっかり向いたメーカーさんの心遣いというのは、消費者からするとやはり嬉しいものです。

まとめ:ソイドルの強みはやはり血糖値を気にせず麺類を食べられること

おすすめ度:

ソイドルのメリットは確実に血糖値を抑えること。糖質制限というよりも無糖と呼べそうなほど糖質量が少ないので、当然GI値も低いです。

ダイエットにも血糖値対策にも効果的な低GI大豆麺のソイドル、次のような人には特におすすめです!

  • ダイエット中だけど麺類が食べたい人
  • 「数字で確実に有効」と分かる物が必要な人
  • 家族、旦那さんの血糖値が気になる人
  • 味はそこそこでいいので、思いっきり低GIな麺が必要な人

【ダイエットや血糖値対策のための大豆麺 ソイドル】

(※重要)オタフクソースを忘れないでください。死活問題になります。

-低GIの食べ物
-

Copyright© 低GIで健康生活 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.